アレンジを楽しもう

結婚指輪のアレンジは、色々な加工方法があり、考えているだけでも楽しいものでしょう。お二人でどんなアレンジがいいか考えることをお楽しみください。お二人の絆が深まること間違いなしでしょう。

結婚指輪のアレンジは最近の事ですから、皆様のご両親、祖父母となると、このようなアレンジがあることさえわからないようです。時代の変化でしょう。そして、人々の考えも変わったのです。結婚指輪は、こうあるべきと堅苦しく考えずに表面加工を施し、華やかな雰囲気やカワイイ雰囲気、ゴージャス感、ワイルド感を楽しむようになりました。その加工費用もそれほど、高くないのです。

このように出来る範囲の贅沢でシンプルな物をお好みにアレンジというのは、楽しいものです。女性のみでなく、男性もこうしたアレンジを楽しんでいるというのも、素敵な変化でしょう。もう少し、時代が進むと結婚指輪のアレンジももっと様々な種類が出てくるかもしれません。それも、楽しみです。子々孫々、楽しめるような結婚指輪のアレンジですから、信頼できるお店でアフターケアーを施しながら、長持ちできるような表面加工の結婚指輪を作りましょう。お二人で夫婦としてできる一番最初の共同作業かもしれません。ここで、協力体制バッチリになっておくと長い夫婦生活の良い基盤が出来るでしょう。

表面加工の種類

結婚指輪の表面加工を施す場合、どのような加工にしたらよいか、悩むところでしょう。その種類をご紹介いたしますので、ご参考になさってください。
結婚指輪購入
まず、ご紹介しますのは「スターダスト仕上げ、加工」です。「スターリー仕上げ」とも言われます。こちらはキラキラした仕上がりがすてきで、ダイヤモンドダストの様です。このような仕上がりは女性の心を打つでしょう。ダイヤモンドの埋め込みもお好みによっては出来る様です。女性用にだけダイヤモンドをはめ込むのも華やかで良いかもしれません。このように書きますと、派手な感じの結婚指輪に思われそうですが、指にはめると、決して派手ではないのです。ですから、男性がはめてもおかしくないでしょう。幅も選べますし、色はプラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールドから選べます。

次にご紹介しますのは男性から支持されている「ワイルドな表面仕上げ、加工」です。どのようなものか、ご説明致しましょう。こちらはアメリカン、ヴィンテージ風でとも言います。ラフな印象からワイルド感が出るようです。リング幅もお好みで調整可能、ダイヤモンドの埋め込みも可能ですから、女性用に埋め込むと言うのも良いでしょう。色はプラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールドです。

いずれも、加工代がプラスになります。

結婚指輪の表面加工

結婚指輪は本来シンプルな物ですが、最近は表面加工を施し、個性的な物や、可愛らしい物、華やかな雰囲気の物にするというカップルが多いようです。こうした結婚指輪の表面加工について、ご説明致しましょう。これから、結婚指輪ご購入結婚指輪の仕上げ方をお考えの方、結婚指輪の表面加工をお考えの方等、ご参考になさってください。

一言「表面加工」といいましても、様々あります。一例として、「サティーン仕上がり」をご紹介いたします。

アンティークでシックな仕上げとしてサティーン仕上げがあります。サティーン仕上げは縦横無尽の表面がきめ細かく、手触りの良さと優しい光沢が特徴で糸を織りあげたサテン地のような表面になります。職人の技術が活きた仕上がりで、シンプルなプラチナ、華やかなイエローゴールド、金に銀や銅を配合してできた赤みが可憐なピンクゴールドがありますので、お好みで選ばれると良いでしょう。

結婚指輪はシンプルな本来の物もステキで心を和ませますが、ご紹介しましたような表面加工の物もステキです。それぞれお好みにもよるでしょうから、お二人でよくお話をされて決めることをお勧めいたします。当サイトはそんなお二人を応援するために、さらなる表面加工の種類、アレンジを楽しもうという内容をお届けいたします。ご一読になり、皆様の結婚指輪のアレンジについて、お考え下さい。後悔のないような素敵な結婚指輪をお作りになり、お二人で居心地の良いご家庭を築いて下さい。