結婚指輪の表面加工

結婚指輪は本来シンプルな物ですが、最近は表面加工を施し、個性的な物や、可愛らしい物、華やかな雰囲気の物にするというカップルが多いようです。こうした結婚指輪の表面加工について、ご説明致しましょう。これから、結婚指輪ご購入結婚指輪の仕上げ方をお考えの方、結婚指輪の表面加工をお考えの方等、ご参考になさってください。

一言「表面加工」といいましても、様々あります。一例として、「サティーン仕上がり」をご紹介いたします。

アンティークでシックな仕上げとしてサティーン仕上げがあります。サティーン仕上げは縦横無尽の表面がきめ細かく、手触りの良さと優しい光沢が特徴で糸を織りあげたサテン地のような表面になります。職人の技術が活きた仕上がりで、シンプルなプラチナ、華やかなイエローゴールド、金に銀や銅を配合してできた赤みが可憐なピンクゴールドがありますので、お好みで選ばれると良いでしょう。

結婚指輪はシンプルな本来の物もステキで心を和ませますが、ご紹介しましたような表面加工の物もステキです。それぞれお好みにもよるでしょうから、お二人でよくお話をされて決めることをお勧めいたします。当サイトはそんなお二人を応援するために、さらなる表面加工の種類、アレンジを楽しもうという内容をお届けいたします。ご一読になり、皆様の結婚指輪のアレンジについて、お考え下さい。後悔のないような素敵な結婚指輪をお作りになり、お二人で居心地の良いご家庭を築いて下さい。